エプ2020

商品番号 7797694
¥ 7,700 税込
[ 8 ポイント進呈 ]

【酒類購入にあたる確認】
20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

20歳未満の酒類のご注文はお受けできません。 (必須)

おすすめ商品

前へ
次へ

商品詳細

       
商品名 エプ
EPU
ヴィンテージ 2020
原産国 チリ
地域 マイポ・ヴァレー セントラル・ヴァレー
タイプ 赤ワイン
容量 750ml
アルコール度数 15.00%
醸造 樽熟成:フランス産オーク樽で12カ月(新樽10%)
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン(81%)
カルメネール(12%)
メルロー(5%)
カベルネ・フラン(2%)

アルマヴィーヴァ について

フランスの名門ロスチャイルド家とチリの名門コンチャ・イ・トロ社のジョイント・ベンチャーにより誕生した傑作ワイナリーです。アルマヴィーヴァのぶどうはマイポ・ヴァレーの中でもより限られた範囲の区画、DOプエンテ・アルトで栽培されています。コンチャ・イ・トロ社のトップキュヴェであるドン・メルチョーの畑の隣で、その秀逸なテロワールを分け合っているのです。DOプエンテ・アルトは、ボルドーで言う『グラン・クリュ』の区画と言っても過言ではありません。チリ全体のぶどう栽培面積は136,166ha。これに対し、マイポ・ヴァレーは11,282ha、DOプエンテ・アルトはそのうちたったの471haです。つまりチリのぶどう栽培面積のわずか0.3%にあたるDOプエンテ・アルトが限られたカベルネ・ソーヴィニヨンの聖地であり、チリのワインクオリティと、人気を牽引しているのが現状です。DOプエンテ・アルトはアンデス山脈の麓に位置し、氷河から溶け出した限りなく混じり気の少ないピュアな水によって生まれたマイポ川沿いにあります。マイポ川周辺には他にも沿岸の区画が存在していますが、中でもDOプエンテ・アルトの区画が最も古い範囲だと言われています。川から運ばれた、アンデス山脈の豊かな石やミネラル豊富な土壌、そして冷気が、質の高いカベルネ・ソーヴィニヨンを生み出す上で欠かせない条件となっています。タンニンがスムーズで、それでいて果実味が凝縮されシルキーで香りも豊潤。そして一貫性のある品質を生み出すことに長けていると評論家に言わしめた、類まれなるテロワールの土地だからこそ、アルマヴィーヴァが世界的に成功を収められたと言われています。さらに2005年以降は、「マイクロゾーン」と言われる、栽培から醸造まで区画を細かく分けてより綿密にぶどうの管理を行う手法を開始したことで、メルローやプティ・ヴェルドの栽培にも力を入れています。

エプ2020 の特徴・評価

現在リリースされている2本目のワインは、2020年のEPUです。 チリのカベルネ・ソーヴィニヨンの産地として最も評判の高いプエンテ・アルトの同じテロワールとブドウ畑から選抜されていますが、 樹齢5年から20年の若いブドウの木から選別され、酸味と果実味を保つために少し早めに収穫されています。 暖かく辛口の2020年ヴィンテージでは、カベルネ・ソーヴィニヨン81%、カルメネール12%、メルロー5%、カベルネ・フラン2%のブレンドで生産され、 通常、アルマヴィーヴァよりもカベルネが高く、カルメネールの方が低くなっています。 赤く熟した果実、教科書通りのブラックベリーとカシス、クリーミーなオークがあります。 アルコール度数は14.8%と熟成し、まろやかな酸味、フレッシュさとバランスが良く、pHは3.71、酸味は4.8g(酒石酸)です。 フランスの樽で12ヶ月間熟成し、10%が新樽、90%が2次使用。このワインは、焼きたての「モロン」ペッパーと赤いベリーのコンポートが混ざり合ったクリーンなノートで明るい香りをしています。 ビロードのような口当たりとモダンボルドーの贅沢な質感があり、タンニンが豊富でわずかにほこりっぽい。 親しみやすく丸みを帯びていますが、ボトルでしばらく過ごすとさらにまろやかになるでしょう。 75,000本を生産。

エプ2020 の受賞歴

ワイン・アドヴォケイト:94点
飲み頃:2023 - 2030
最終試飲日:2023/4/7

この生産者のワインを見る

バックヴィンテージについて

  • 商品のラベルに擦れや汚れが多少ある場合がございます。
  • 長期保管による容量の目減りがある場合がございます。

付属の箱について ※箱付の商品の場合

  • 輸入品の為、箱に擦れや汚れがある場合がございます。ご了承くださいませ。