シャトー・ムートン・ロートシルト2011

商品番号 7788386
¥ 99,000 税込
[ 99 ポイント進呈 ]

【酒類購入にあたる確認】
20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

20歳未満の酒類のご注文はお受けできません。 (必須)
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品詳細

       
商品名 シャトー・ムートン・ロートシルト
Chateau Mouton Rothschild
ヴィンテージ 2011
原産国 フランス
地域 ACポイヤック:第1級グラン・クリュ
タイプ 赤ワイン
容量 750ml
アルコール度数
醸造
品種

シャトー・ムートン・ロートシルト について

1855年に制定されたメドック格付けの中で、唯一その格付けに変化をもたらしたのが、他でもない、このシャトー・ムートン・ロートシルトです。制定当初、ムートンは第2級に格付けされました。そこから118年後の1973年、4世代の交代を経て努力の末に見事第1級の座に登り詰めたのです。『われ一級になりぬ、かつて二級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず』という言葉は、昇格当時、フィリップ男爵が残した言葉として今もなお語り継がれています。
シャトー・ムートン・ロートシルトと言えば、だれもがその象徴となっているアートラベルを思い浮かべることでしょう。毎年変わりコレクターにも愛されるムートンのエチケットの始まりは、シャトー元詰めが始まった1924年に遡ります。長い歴史の中で、フランス国内はもちろん国外からも、ミロやピカソ、シャガールといった著名な芸術家たちのアートをラベルに施すなど、世界中の著名人とタッグを組み、その歴史に残していきました。
また、ムートンは自らのシャトーのワインの品質向上や革新にとどまらず、その活躍の場を世界にも広げていきます。カリフォルニアに進出してロバート・モンダヴィ氏とタッグを組んだオーパス・ワンや、1997年にチリのコンチャ・イ・トロと手を取り生み出したアルマヴィヴァはその大きな功績の一端を担っていると言えるでしょう。

シャトー・ムートン・ロートシルト2011 の特徴・評価

ロンドンで垂直(同一ワインの別ヴィンテージ)テイスティングされた2011年のムートン・ロートシルトは、おそらく2008年から2012年にリリースされた中で"最も弱い印象のものでしたが、時を経て刺激的ではないものの、むしろしっかりと立派なムートンに仕上がっていました。 ここでは、強めの印象のグラファイトと杉のアロマがしっかりと存在しており、時間の経過とともにだんだんとノートが現れます。 味わいは杉と黒い果実を思わせるわずかなピートのような香りでバランスが良く、若いうちは硬めですが輪郭がきれいに表現されています。 樽の中の状態を見てわかったように、このドラマティックなワインに欠けている部分を挙げるとすれば、すべての要素が馴染み絡み合う前にその余韻が終わってしまうことです。

ワイン・アドヴォケイト:92点
飲み頃:2018 - 2038
最終試飲日:2017/2/1

この生産者のワインを見る

バックヴィンテージについて

  • 商品のラベルに擦れや汚れが多少ある場合がございます。
  • 長期保管による容量の目減りがある場合がございます。

付属の箱について ※箱付の商品の場合

  • 輸入品の為、箱に擦れや汚れがある場合がございます。ご了承くださいませ。

おすすめ商品

前へ
次へ