シャトー・ムートン・ロートシルト

シャトー・ムートン・ロートシルト

メドック格付けを覆す偉業を遂げた唯一のシャトー

長い歴史の中で過去1度だけメドックの格付けにおいて格上げを受けたムートン・ロートシルト
数多くのビジネスを成功させてきた敏腕シャトー

シャトー・ムートン・ロートシルトについて詳しく知る

他の銘柄から選ぶ

シャトー・ムートン・ロートシルトの人気商品

シャトー・ムートン・ロートシルトの商品一覧

21件中 1-21件表示
21件中 1-21件表示

この銘柄の特徴

シャトー・オー・ブリオンの熟成樽

ムートンの位置するポイヤック村はメドックの端の小高い丘が連なる地にあります。小さな砂利の混ざった砂質の水はけの良い畑で、主にカベルネ・ソーヴィニヨンの栽培が盛んです。

ムートンは中でも、カベルネ・ソーヴィニヨンを多く栽培しており、その割合は8割を超えると言われています。醸造に対しての徹底的なこだわりも一貫していて、コールドマセラシオンにより荒い渋みの抽出が抑え複雑な果実味を得る工夫を施すなど独自の手法を凝らしています。またフレンチオークの使用を100%することで、樽香を最小限に、ブドウ由来の本来の旨味と香りを引き出させるよう拘りをみせています。

ムートンのファーストラベル(シャトー・ムートン・ロートシルト)の平均的なブレンドの割合は作付面積に付随して、カベルネ・ソーヴィニョン80%、カベルネ・フラン10%、メルロー8%、プティ・ヴェルド2%となっています。

ムートンは5大シャトーの中で最も“豪勢”“派手”と言われており、ラフィットの優雅さ、マルゴーの女性らしさ、ラトゥールの男性的な力強さなどとは一線を画し、芳醇でふくよかで肉づきがあり、よりリッチな味わいと評されています。10~15年以上をじっくり瓶の中で熟成させていくと、猟鳥獣の香りを漂わせた艶めかしい味わいが現れてくる、とても魅惑的なワインのひとつです。

また、ブドウが不作の年にはムートン・カデという廉価版ムートンをリリースするという革新的試みを行い、一流シャトーの手がける廉価版ワインとして大ヒットを生み出しました。シャトー・ムートン・ロートシルトは数ある著名ワインの中でも、1,2を争うビジネスで大成功したシャトーと広く認知されています。

シャトー・ムートン・ロートシルトの紹介

シャトー・オー・ブリオンのぶどう畑

ボルドーでも希有の、毎ヴィンテージラベルを変える唯一の格付けシャトー、ムートン・ロートシルト。毎年発表されるアートラベルは、世界各国の芸術家を採用しており、高品質のワインはもとよりそのラベルも高い注目を浴び続けています。

ジロンド川沿いに接する地域オー・メドックのポイヤック村では多くの高級赤ワインが生み出され、中でもシャトー・ラトゥール、ラフィット、そしてムートンは、この地域のなかでも最大級の賛辞を浴びるシャトーです。

中でも個性を持つシャトー・ムートン・ロートシルトは実は1855年の最初の格付けには名を連ねていませんでした。当時1級に値すると言われながら、2級に格付けされたムートンをフィリップ男爵が「一級にはなれないが二級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」と言い残したのは有名な話となっています。

長い年月を経てついに1973年、変更されることのなかったメドック格付けに更新がなされたのです。実に118年の努力が実り、ムートン・ロートシルトは第1級の4シャトーに加えその名を刻んだのでした。当時の当主、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドは、格付け確定の後に、「されどムートンは変わらず」と発したと言います。それだけ長年の揺るがぬ一貫した努力がこの大革命を起こしたといっても過言ではないでしょう。

このたった1度の格付け改変の後は、今もなお、メドック格付けに変化はありません。かつてムートンのしてのけたことが、どれだけ歴史的なことなのか1973年のこの出来事が物語っています。

シャトー・ムートン・ロートシルトの歴史

シャトー・オー・ブリオンのワイナリー

シャトー・ムートン・ロートシルトの長い歴史において、まずもっとも注目されるべき人物に、若干20歳にしてその資産を引き継いだフィリップ男爵の名前が挙げられます。

フィリップ男爵は1853年にムートンを所有したナサニエル・ド・ロスチャイルド男爵の長男で、長年続いてきた、中間業者での瓶詰を廃止し、今でこそ当たり前となったシャトー元詰めを慣行したと言われています。当時では斬新なこの改革は、自らの生産するワインはもとより後のボルドーワイン全体の品質向上に大きく寄与した行動と後世に語り継がれています。ボルドーにおける高級ワイン界が世界中に名を馳せることとなった事実は、こうしたシャトー・ムートン・ロートシルトの貢献によるところも大きいのです。

1924年にシャトー元詰めが始まったムートンは、その記念すべき初年に、今やシャトーの絶対的特徴となっているアートラベルをリリースします。記念すべき第一号のアートラベルはポスター作家ジャン・カルリュによるラベルです。その後、かの有名なスペインのジョアン・ミロやパブロ・ルイス・ピカソ、マルク・シャガール、アメリカからはウォーホル、マザーウェル、そして1982年にはジョン・ヒューストンら、そうそうたる顔ぶれがそのラベルに採用され世に送り出されています。

この歴代のアートラベルの試みは後の現代にも他に類を見ない希少なもので、1962年にシャトーに隣接して建設された美術館の中にコレクションとして展示されています。

この生産者のワインを見る