オー・ブリオン

シャトー・オー・ブリオン

唯一右岸から格付けに選ばれた伝説のシャトー

61シャトーの中で唯一のメルロー主体ワインを生み出す右岸きっての著名赤ワイン

シャトー・オー・ブリオンについて詳しく知る

32件中 1-32件表示

シャトー・オー・ブリオン1999

¥ 88,000 税込
詳細を見る

シャトー・オー・ブリオン2012

¥ 80,300 税込
詳細を見る

シャトー・オー・ブリオン1997

¥ 66,000 税込
詳細を見る

シャトー・オー・ブリオン2010

¥ 132,000 税込
詳細を見る

シャトー・オー・ブリオン2010

¥ 154,000 税込
詳細を見る

シャトー・オー・ブリオン2009

¥ 165,000 税込
詳細を見る

シャトー・オー・ブリオン2000

¥ 143,000 税込
詳細を見る

シャトー・オー・ブリオン2018

¥ 88,000 税込
詳細を見る

シャトー・オー・ブリオン2017

¥ 66,000 税込
詳細を見る

シャトー・オー・ブリオン2014

¥ 66,000 税込
在庫切れ
詳細を見る

シャトー・オー・ブリオン2011

¥ 66,000 税込
在庫切れ
詳細を見る

シャトー・オー・ブリオン2016

¥ 88,000 税込
在庫切れ
詳細を見る

シャトー・オー・ブリオン2015

¥ 110,000 税込
在庫切れ
詳細を見る
32件中 1-32件表示

シャトー・オー・ブリオンの紹介

シャトー・オー・ブリオンのぶどう畑

シャトー・オー・ブリオンは、数ある格付けシャトーの中でも非常に長い歴史をもつシャトーで、その歴史は1533年にまで遡ります。古くからポンタック家と呼ばれる伯爵家に所有され、ぶどう栽培を始めたことをきっかけに様々なファミリーに受け継がれながらその実力を確固たるものにしてきました。

1855年に制定されたメドックの格付け中で唯一メドック外から選ばれたシャトー・オー・ブリオン。ボルドーにおいて左岸地区と右岸地区のワインの特徴は大きく二分され、メルローを主体とするスタイルの右岸のシャトー、オー・ブリオンに対してのそのイレギュラーの選出は多くの業界関係者を始め世界中を驚かせたと言われています。

オー・ブリオンはボルドーの中でも、いち早く発酵槽にステンレスタンクを導入するなど、積極的な技術革新に臨み、現代でもなお、名実ともにボルドー右岸地区を代表する最高峰のワインとして広く知られています。

ペサック・レオニャンが属するグラーヴ地区は、銘醸地ボルドーの中でも特に高品質、高級な白ワインの生産が盛んな地区で、オー・ブリオンもChateau Haut Brion Blanc(シャトー・オー・ブリオン・ブラン)という高級白ワインを生産しています。セカンド・ワインやサード・ワインの品質向上にも積極的で市場での人気を不動のものとしています。

シャトー・オー・ブリオンの歴史

シャトー・オー・ブリオンのワイナリー

ぶどう栽培農家としてのオー・ブリオンは1533年にスタートし、1549年には、後にラベルのシンボルとなるシャトーの建設を始めました。1649年、アルノー3世・ド・ポンタック卿がオー・ブリオンの所有者となり、ここから世にワインが広く知られることになります。

オー・ブリオンのワインについての最初の記録は、イングランド王チャールズ2世のワインセラーの元帳で見つかっており、1660年からの1年間で実に169本が宮廷に収められたのです。後にイギリス海軍の父と呼ばれることになるサミュエル・ピープスの日記には1663年、ロイヤル・オークの居酒屋で試飲したワインに関して、「オー・ブリオンと呼ばれるフランスワインを飲んだが、いまだ味わったことのない、おいしいワインだった」と記しています。

当主であるフランソワ・オーギュスト・ド・ポンタックの死により、婚姻で義理の甥となったフランソワ・ジョゼフ・ド・フュメルがオー・ブリオンの3分の2を、残る3分の1はラトレーヌの領主ルイ・アルノー伯爵に相続されました。

その後4つのファミリーに受け継がれ、歴史とともに技術も向上させてきたオーブリオン。1935年にはアメリカの資産家クラレンス・ディロン氏が買収し現在はディロン氏の曾孫であるルクセンブルグ大公国ロベール殿下が受け継いでいます。

シャトー・オー・ブリオンの特徴

シャトー・オー・ブリオンの熟成樽

オー・ブリオンの卓越したエレガンスは唯一無二の右岸シャトーであり格付けシャトーだと言われています。

オー・ブリオンはボルドー市内からほど近い都市部からすぐの郊外に立地しており、ぶどう畑は赤ワイン用の48haと、白ワイン用の2.7haのみで、その規模は1級シャトーの中では最も小さいと言われています。ゆったりと傾斜した斜面は沢山の砂利が混じった土壌で水はけがとても良い理想的な土質です。ボルドーの都市部に近いため多数のシャトーがひしめく左岸の銘醸地メドックよりも2℃ほど平均気温が高くなるため、ぶどうの成熟もメドック地区より早く進み収穫も2週間ほど早くに始まります。

メルローが主体の独自のアッサンブラージュで他の格付けシャトーとも一線を画し、右岸における代表格の名にふさわしい長期熟成ワインを生み出します。

オー・ブリオンの1989ヴィンテージは類まれなる逸品と言われており、ワイン評論家ロバート・パーカー氏は、「不朽の、過去半世紀における最高のワインの一つとしてあり続けている。素晴らしい調和、群を抜いた清らかさ、そしてその滑らかさは、現代の伝説ともいえるシャトー・オー・ブリオンの特徴。このワインを飲まずに人生を終えられない。」と評しています。